酒が弱いメリットが何かなんて、そんなものは探すな!お酒が弱いあなたが「酒が弱い方がいい!」そんな理屈を口に出してはいけません。それって、ものすごくカッコ悪いことですよ。

酒が弱いメリットなんて…

酒が弱いメリット?酒が強いメリット?

そのメリットを比較して、

kippari

じゃあ酒が弱くてもいいな!


kippari

いや、酒が強くなった方がいいな!

いやいや、違うでしょ。酒が弱いあなたが酒が弱くてもいい理由やメリットを探してどうするんですか?

酒が強くなりたい理由、目的があるならどうやれば強くなれるかを考える!酒が強くなりたい理由がないなら、そのまま!


メリットは何か・・・、そんな理屈っぽいことを考えても、あなたに良いことは一つもありません。酒が弱いメリットなんて、あっても知らない方がいいです。

酒が弱い人が、酒が弱いメリットを語ってしまったらカッコ悪すぎます。


酒が強い人の「おれ酒強いんだぜ!これぐらい飲んだことあるぜ!」の酒自慢くらいに、いやそれ以上にみじめになってしまうので絶対にやめるべきです。

密かに思っているだけならいいですが、ついうっかり言葉に出してしまわないように十分に気をつけてください。


もし、本当は酒が強くなりたいけど酒が弱いメリットを確認して、

「酒が弱くてもいいんだ!弱い方がいいんだ!」

と自分を納得させようとしているなら、それはあまりにも後ろ向きすぎます。

下戸だった僕がお酒の弱さを克服したやり方とその極意が、こちらのページに詳しく書いてあります。この記事を読んだあとでいいのでぜひ見ておいてください。絶対に損はありません!

→下戸だった僕をわずか1日で酒を強くさせた方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。

メリットを知りたいのは?

酒が弱いメリット、あなたがそれを知りたいのはなぜでしょうか?お酒が弱いことを肯定したいからですか?お酒が飲める人種への対抗心ですか?


お酒が弱いメリットを探している人は

1.お酒が強くなりたいけど諦めた人
2.弱いままでいいが、メリットを知りたい人

このどちらかの感じでしょうか。他にもお酒が弱い人をなぐさめる、元気づけるなど、自分以外のお酒が弱い人を肯定したい、という人もいるかもしれません。


しかし、当サイトはお酒が強くなりたい!という人に向けて、僕が実際に経験してきたこと、酒が飲めるようになった方法を紹介しているサイトです。

1以外の方は当サイトを見ても時間のムダ使いになりますので、お互いのためにも別のサイトを参考にしてください。


それでも、とりあえずパッと思いつくようなメリットを挙げてみるとすれば、「酒代がかからない」「酒の失敗がない」とそんなところじゃないでしょうか。

お酒を飲まないことのメリットとデメリットについてはこんな動画もありました。




また、酒を飲まない男子や酒を飲まない女子の方がいい!みたいなアンケートなどもありますが、はっきり言ってまったく意味がないです。

そもそも人を好きになるって、そういうのじゃないですよね。それって、好きになるかならないかの重要な要素ですか?


そういうアンケートってあれですよ、あれ。

切れ味が一生変わらないハサミがあったとしたら、

いくらなら買いますか?
どんな色がいいと思いますか?
どれくらい大きさがいいと思いますか?

と、5万人もの老若男女に新商品アンケートを行って、意見の多かったものを採用して新商品を作りました!!!

odoroki

ぶ、部長!ま、まったく売れませーーーん

というやつと同じです。商品開発やマーケティングをしている人ならわかるはずです。


だって、みんなダイソン欲しいでしょ。
ニンテンドースイッチ欲しいでしょ。
冬はあったかいヒートテックが欲しいでしょ。

でも、みんなは買いませんよね。いいなぁ〜と思うことと、買うって行動は繋がっているようで繋がっていないんです。

いい商品だ!と思ってもらうことも無論大事なことです。ですが買うって行動で大事なことは、買う理由があるかないかなのです。


よく耳にする言葉、「いい商品だから売れるわけじゃない」ということです。
商品力はライバル商品に劣るのに、ヒットした商品はたくさんあります。むしろそっちの方が多いかも。

アンケートの回答って、「聞かれたから答えた」だけのもの。

酒を飲まない男子や酒を飲まない女子の方がいい!って言うアンケート結果も同じ。

酒を飲まないから好きになる。
酒を飲まないから付き合いたい。

誰でもわかるはずです。そんなわけがないでしょ…って。使い方次第ですが、アンケートなんてものは所詮そんなものです。


話しを戻しますが、

弱いままでいいが、メリットを知りたい人
自分以外のお酒が弱い人を肯定したい人

は、他のサイトで調べてもらうとして「お酒が強くなりたいけど、なれずに諦めた人」に向けて話を進めていきます。

お酒が弱いメリットに逃げるなよ!

お酒は弱い方がいい!お酒が飲めない方が幸せな人生を送れる!そんなことを求めてお酒が弱いメリットを探しているのであれば…あまりにも後ろ向きすぎです。お酒が飲みたくなければ、メリットやデメリットなど関係なく飲まなければいい。お酒が強くなりたいならば、強くなる方法を実践すればいい。メリットなど関係ないのです。

お酒が弱い、お酒が飲めない体質の人でもお酒が飲めるようになる方法はあります。

弱い方がいいメリットで、無理やり自分を納得させる必要はありません。酒が強くなりたいけどなれずに諦めた人は、強くなれるので諦めないでください。大丈夫です。


僕は酒が弱い体質です。元々はジョッキ1杯のビールもやっと程の酒の強さでした。

20代の約10年間のサラリーマン時代、週に2〜3回の飲み会で飲んで吐いてを繰り返し、ジョッキ1杯のビールと酎ハイ1杯がやっと飲めるようになりました。


飲めると言っても、その2杯を飲めば全身は真っ赤っかで目はうつろ、もうひと口でも飲んだら吐く…そんな状態です。

僕の体質は、間違いなく酒が弱い体質です。

そんな僕が33歳のときにある方法を知ってから、人並み程度にお酒を飲めるほどまでに酒が強くなりました。


ビールならジョッキで多分10杯はイケます。ハイボールならもっとイケます。「多分」というのは、杯数など気にせずどんどん飲めるので飲んだ杯数など数えてはいないからです。

酒が飲めるようになりましたが、僕の体質は酒が弱い体質のままで一切変わってはいません。

しかし、酒が弱い体質のままでもある事を行うことで、ここまで酒が飲めるようになるのです。


これくらいの酒の強さをあなたも手に入れられるとしたらどうでしょう?悪くはないばすです。

あなたもこの方法さえ手に入れれば、努力も我慢も苦労をすることもなく、最短で翌日にはお酒が飲める自分へと変わる事ができます。


あなたにとってこのお酒が強くなる方法は、いくら位の価値がありますか?
パッと値段を思い浮かべてみてください。

そして、この方法の詳細をこちらからじっくりと確認してみてください。お酒が強くなることの価値が、あなたの思う価格と見合ったものならば即、手に入れてください。

→下戸がわずか2時間で酒を飲めるようになった極意、禁断の方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。


ありとあらゆる方法を試しても全く酒が強くならなかった僕を、あっという間に酒が飲める男に変えてくれた奇跡の方法です。

もしこれで強くならなかったら、残念ですが僕の経験と知識の範囲では手の打ちようがありません…ごめんなさい。


ただ、これでお酒が強くならなかった時には購入代金の全額が返金されます。お金を損するということは絶対にありませんので、その点はご安心ください。

お金は戻ってきたとしても、お酒は強くならない…これだけ酒が飲めない体質でも強くなれる!と言っておいて、出来なかったとしたら、期待させておいてガッカリさせてしまい本当にごめんなさい。


でも、あれだけ酒が弱かった僕が強くなったんです。きっとあなたも変われる!

僕を変えてくれたこの方法は、きっと多くの下戸を救ってくれると確信しています。

酒が弱いメリットなど

お酒が弱いことのメリット、またはデメリット。そんなことはどうでもいいことです。あなたがお酒を飲めるようになりたいのか?それとも、お酒が飲めないままでもいいのか?あなたの望みは一体何ですか?

酒が弱いメリットなど考える必要はありません。酒は弱いままでもいいんです。

飲みたいときに飲めるようにさえなれば、酒が弱い体質だろうが関係ありません。


メリットだのデメリットだの、理屈なんてなんの役にも立ちません。酒が強くなりたいなら、強くなる方法を実践してください。

もしあなたが今のままでいいというのなら、酒が飲めない方がいかに良いか、どれだけメリットがあるかなどそんな小賢しいことを考えず、胸を張って酒を飲まないことを貫いてください。