下戸でもお酒が飲めるようになる!全くお酒が飲めないあなたは「そんなものあるわけがない」とにわかに信じがたいことかもしれません。しかし、実際に下戸の僕はある方法を実践することで、人並み以上にお酒が飲めるようになりました

下戸でも飲める!


ズバリ、下戸でもお酒が飲めるようになる方法は存在します。

正確にお伝えするならば、酒が強くなる方法には必ず個人差が生じるのですが、サッとググッて出てくる「酒が強くなる方法」を書き出すと、

  • 水をたくさん飲む
  • お酒を飲むことを習慣にする
  • 空きっ腹で飲まない
  • ウコンを飲む
  • 筋トレで筋肉をつける
  • 前日に十分な睡眠をとる


こんなところです。僕は元々下戸だったので実体験を元に言えば、下戸なめんなよ!その一言につきます。

しかし、日本国民は1億2千万人。それだけの人間がいればそのどれかで劇的に酒が飲めるようになった人もいるのかもしれません。

決して全否定をするわけではありませんが、そんなものを「下戸が酒を飲めるようになる方法」と仰々しく公開してんじゃねえよ。と言うのが元下戸の本音です。

下戸だった僕がお酒の弱さを克服したやり方とその極意が、こちらのページに詳しく書いてあります。この記事を読んだあとでいいのでぜひ見ておいてください。絶対に損はありません!

→下戸だった僕をわずか1日で酒を強くさせた方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。

マジで下戸でも酒が飲めるようになった話

マジで下戸の僕が人並み以上におお酒が強くなっています。いろんなことを試しに試しまくっても全然お酒が飲めなかったのに、その方法を試すと次の日にはお酒が飲めるようになったのです


僕は現在、居酒屋店長兼オーナーとして2店舗の店を経営しています。お酒を提供するお店側の人間ですが、元は下戸です。

詳しくはこちらの記事で告白していますが、20代の約10年間をサラリーマンとして働いていました。

下戸の僕は毎週のように飲み会に駆り出され、飲み吐きを繰り返してきました。おそろしいほど飲み会のある職場だったので、自分の酒の弱さを何とかしたいと、ありとあらゆる

酒に酔わない方法、酒が強くなる方法

というものを試してきました。冒頭で箇条書きにした「水をたくさん飲む」や「ウコンを飲む」などは毎回当たり前のようにやってきました。


約10年間とにかく酒を飲み続け、酒が強くなる様々な方法を試した結果、コップ1杯のビールがやっとだった僕が、ジョッキ1杯のビールと酎ハイ1杯を飲めるようになりました。

飲んでは吐いてを繰り返した10年でたったそれだけです。

そして現在の僕がどれほどお酒が飲めるのかというと、人並みに酒が飲めるようになっています。

人並みがどれほどかと言うと、ビール、ハイボール、酎ハイなど最低でも10杯は楽に飲めるくらいに酒が飲める男へと大変身を遂げています。


約10年間試行錯誤しながら酒を飲みそして吐き続けても、2杯のお酒を飲める程度にしかならなかった僕がどうやって大変身を遂げたのか?

下戸だった僕がお酒を飲めるようになった方法とはこれです。

→下戸がわずか2時間で酒を飲めるようになった極意、禁断の方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。


約10年のサラリーマン生活を辞めた3年後、僕はこの方法に出会い人生が大きく変わりました。なんせ、下戸だった僕が今では居酒屋オーナーをやっているのですから…本当に人生とは何が起こるかわかりません。

この禁断ともいえる「お酒が強くなる方法」の詳しく内容はもちろんここでは言えません。お金を払った人だけが手にできる秘匿情報です。


僕に言えることは、約10年酒を飲んで吐いてを繰り返し、酒が飲めるようになる方法を調べつくし実践してきた僕の中で、この方法だけは別格中の別格ということです。

もちろん、世の中にはググッて出てくる「酒が飲めるようになる方法」でお酒が強くなる人もいるでしょう。

しかし、大半がそれで酒が飲めるようにならない人がほとんどのはずです。なぜなら、下戸とはそれほど簡単に乗り越えられる体質ではないことを、僕は身をもって経験しているからです。


僕が実践した下戸でも酒が飲めるようになる方法は、巷に流れている酒が強く方法をやみくもに試したところで、絶対に思いつくことも辿りつくことも出来ない唯一無二の方法です。

僕の知る限り、最短でかつ最大の効果を発揮する禁断の必勝法です。

・もしあなたが昔の僕に負けず劣らずでお酒に弱い下戸ならば。

・酒が飲めるようなる自分など想像もできないほどの下戸ならば。

・それでも人並みにお酒が飲めるようになりたいならば。


自信をもってこの方法をお勧めします。下戸が酒を飲めるようになるには、僕はこの方法しかないと思っています。

→下戸がわずか2時間で酒を飲めるようになった極意、禁断の方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。



ちなみに、この方法を実践してもお酒が飲めるようにならなければ、全額を返金してくれる保証もついています。何を試すのか、試さないのかはあなたが決めることです。お金を出すのもあなたです。

お酒が強くなることを最短で実現したいのか?
最短でなくてもゆっくりでもいいのか?
もう1杯飲めるくらいに強くなれればいいのか?

あなたが望む「お酒が飲める」レベルと実現したいスピードによって、とるべき行動と方法を取捨選択してください。

僕の結論は、最短で最大の効果を得るならこの禁断の方法しかない!ということです。

酒が飲めるようになったら…

下戸のあなたがもしお酒が強くなったら、お酒が飲めるようになったら、あなたは真っ先に何をしますか?もちろんお酒は飲むにしても、誰とお酒を飲みますか?

お酒が飲めるようになりたい!お酒が強くなりたい!

下戸にとって飲み会とは、、、とても疲れるものです。お酒が美味しくないとか、酒を飲むと気持ち悪くなるとか色々ありますが、飲めなかったときの僕にとっての飲み会を一言で言うと「疲れる」でした。

  • 酔っ払ってる人たちのテンションに合わせる
  • 酒をなるべく飲まないように避ける
  • 上司や取引先に気を使う
  • 飲まされても席では絶対吐かない
  • 気持ち悪くなってもお店に迷惑をかけない
  • 次のお店を予約する


などなど、あれやこれやと気を配らなければいけないことばかりで、いつも飲み会のあとは廃人のように疲れ果てていました。


僕にとっての飲み会とは、そんな修行のような時間でした。下戸それぞれで違いはあるにしても、下戸にとっての飲み会という時間は「楽しい」とは反対のベクトルにあることは間違いないはずです。

下戸は楽しめない飲み会…お酒を飲むことが苦痛の下戸…

あなたはお酒が飲めるようになったら、何がしたいですか?

浴びるように酒を飲んでみたい!そんな理由でお酒を飲めるようになりたいわけじゃないはずです。お酒を飲めるようになることが目的ではありません。


気持ちよく酔って楽しい時間を過ごしたい。
一緒にお酒を飲むことで仲良くなりたい。

僕は女性とたくさん出会い、いい感じの関係になりたい!
お酒を飲めるようになることで、そのチャンスが無限に広がっていく!

下戸の僕にとって飲み会は苦行でしかありませんでしたが、その飲み会の苦しみを何とかしたいからではなく、女性との出会いを広げるためにお酒が飲めるようになりたかったというのが僕の望むものであり目的でした。


どうか間違わないでください!お酒が飲めるようになることが目的ではありません!

お酒が飲めるようなったあなたがやりたいこと。その姿こそが、お酒が飲めるようになったあなたが得るものです。

お酒が飲めると見えてくる世界

下戸がお酒を飲めるようになると世界が180度変わります。今までと変わらない仲間や同僚、変わらない会話のはずなのにそこにお酒が入ってくると…

ラーメン屋に入ってとりあえず瓶ビールと餃子を注文し、瓶ビールを手酌でクイっと飲む…

下戸にとってお酒は天敵ですが、その反対にお酒を飲む姿が憧れでもあったりします。

しかし、いざお酒が普通に飲めるようになると、あんなに憧れていた「気だるそうに手酌でクイっ!」も、当たり前のことのようになります。


飲みながら会社の愚痴を言ったり、将来の夢を語ってみたり、僕はお酒が飲めるようになってマジで世界が変わりました。

特別なことは何もしていません。ただ、みんなと一緒に席を囲みお酒を飲んだだけです。ただそれだけで、人間関係も女性関係も劇的に変化しました。

たかが酒が飲めるようになっただけ。普通にお酒が飲める人からしてみれば、「たかが」なことかもしれません。


しかし、飲み会で苦渋を味わってきた下戸がお酒が飲めるようになると、一気に世界が色を変えていきます。数年前まで下戸だった僕が、居酒屋のオーナーになるなんて…下戸だった当時には想像も出来ない大どんでん返しです。

借金できる信用と借金する覚悟がなければ居酒屋はオープンできませんが、お酒は決断さえすれば飲めるようになります!個人差はあるので絶対とは言えませんが、禁断の方法ならばほとんどの人が酒が飲める世界へと到達できるはずです。

→下戸がわずか2時間で酒を飲めるようになった極意、禁断の方法
 ※このページから「下戸克服の極意」を手に入れた方には、限定特典PDFをプレゼントしています。



もし仮に酒がのめるようにならなかったとしても、全額を返金してもらえるのでリスクは最小限です。僕の居酒屋は昨今のコロナで火の車です。国や県からの薄っい補償程度では、にっちもさっちもいかない状況です。

お酒が飲めるようになったとしても、決して居酒屋を出してはいけません。絶対おすすめしません。。。

居酒屋は、お客として利用するのが一番ですよ!